Recent Articles

COLUMN

糸島ものづくり展

image001(1)

糸島ものづくり展
8月20日~8月28日@juzu

福岡県の糸島市で活躍する作家さんたちの合同展をjuzuにて開催致します。
移住したい町No.1でもある糸島は市の条例で自然が保護されていることもあり、豊かな自然が残り農業や漁業も盛んです。クリエイティブな移住者も多く、そんな街にはカフェや工房、ギャラリーなども多く見どころ満載です。今回の展示を通してより多くの人に糸島を知ってもらえればと思っています。
是非この機会に足をお運びください。

※またこの期間中juzuの隣のマルゴデリ恵比寿にて糸島産イチジクを使ったスムージーを販売致します!

image001(2)

※参加ブランド

●ダブルダブルファニチャー

DOUBLE=DOUBLE FURNITUREとは、木工家 酒井航(サカイワタル)が立ち上げたブランド。
小さな雑貨やテーブルウェアから、大きな家具まで幅広く御提案しております。
シンプルなフォルムで暮らしに馴染むデザインを心掛け、木工作家のもとでの修行で培った確かな手仕事の技術を生かしクオリティの高い製品づくりを目指しています。
お客様の立場に立ったモノづくりを常に意識し、ハンドメイドによる丁寧な仕事でよりよい使い心地をご提供いたします。
http://www.dd-furniture.jp/

13932883_829440523857150_9089229252456755421_n

●アコーデオン/Woodwork.Furniture.akodeon

一昔前の技術や古き良きモノ・コトを一歩振りかえり、当たり前にあるものを見直し新しいものを。 「ないものをあるもので/古き良きをかたちにする/自由と制限を楽しむ」。アコーデオンはそんなコンセプトを軸に空間ともの作りをしています。
http://akodeon.jimdo.com/products/can-stool/
CAN STOOL1

●醇窯 

作家 高須 健太郎  Kentaro Takasu
1974年福岡市生まれ
平成10年より愛知県立瀬戸窯業高校専攻科にて学んだ後、現在福岡県糸島市にて作陶。
http://www.junyo-itoshima.com
jyunyo1

●Arietta
植物生まれのお菓子屋さん「菓子工房Arietta」です。糸島市二丈深江にて小さな工房を作りお菓子を作っています。
http://www.coconoki.com/brand/entry/100/

アリエッタ1

●KINO5108/キノコトバ

自然豊かな福岡県糸島市の山も間伐が進まず森が悲鳴をあげています。 間伐材を使う事で森が手入れされるきっかけを作ろうと、間伐材でアルファベットや数字を作り、活動に共感いただけるお店で販売をスタートしました。森の恩恵を受けて生活できている私達ができる事をはじめたい。小さな事でも楽しみながら継続していきたいと思っています。 KINO5108は、表札や積み木にしたり、裏にマグネットを貼れば冷蔵庫や黒板などでも活躍してくれます。色を付けたり工夫次第で様々な事に使える素材です。文字はドイツの道路標識で使われているフォントを少しデザインを変えてスリムな文字にしています。専用のパッケージにお菓子などを一緒に入れてプレゼントしても喜ばれますよ!
http://holiday-drivein.blogspot.jp/2014/11/ki-no-kotoba.html

13906634_829441183857084_3948272115723004823_n

●Theme of SCLAP by Hideki Nishiyama

”良い服とは何か?”
私のワードローブのなかに10年、15年、20年と所有し着続けている服が存在します。
経年に耐え飽きられることなくそこに在ります。
それらの服のことを考えてみると
”生地が良い”から経年に耐えることができ、
”シルエットが良い”から飽きることがなく、
”機能的なディテールでシンプル”だからファッションに左右されない。
これらの長い付き合いの服たちを見ていると私の作りたい、作るべき服というものが見えてきました。
”経年に耐えうる良い布で”
”飽きることのないシルエット”、
”その布とシルエットを邪魔しない機能的なディテール”
手に入れていただいた方たちのワードローブに10年、20年、30年と在り続ける、
そういう服作りをテーマにしているブランドです。

Hideki Nishiyama : 東京、京都を経て福岡県糸島市に居を構え、デザインからパターン、縫製までを一貫して行う服飾作家。

sclap1